top of page

スモールステップを進めるときに使えるカード類

場面緘黙をもつ子どもへの有効な介入として、エクスポージャー法とトークンエコノミー法がよく使用されます。

安心できる環境が整い、子どものエネルギーがたまり、子ども自身が発話にチャレンジしたいなという気持ちになってから、発話に関連するエクスポージャー法を用いましょう。エクスポージャー法とは、不安を感じる場面(人・場所・活動)に直面することでその状況に慣れていき、不安や緊張が軽減することを目指す行動療法の1つです。

子どもの意欲を保つには、トークンエコノミー法が効果的です。トークンエコノミー法とは望ましい行動を増やす(強化する)ためにトークンと呼ばれる報酬(ごほうび)を与えて、報酬が 一定の量にたまったらより具体的な報酬を与える方法です。

​※ 下記より、PDFやwordをダウンロードできます。

トークンエコノミ―法に使えるカード

 

■チャレンジポイントカード [学校で話せない子ども達のために]へリンク

子どものチェレンジする意欲を引き出すためのトークンシステム(ポイントカード)です。

発話以外の「望ましい行動の強化」に用いることができます。 PDF

 

 

 

エクスポージャー法(+トークンエコノミー)に使えるカード

 

■おはなしチャレンジカード (公立小学校教諭 吉本悠汰先生作)PDF

 

このカードは、担任など相手に、かすかな声で受け答えができるようになってきた子を対象とし、学校で発話できる相手、場面を増やすために作成しました。

絵の完成を目指しながら、スモールステップに楽しく取り組めるようにしてあります。

「おはなしチャレンジカード」の使い方  

     (1)はじめに (2)注意点 (3)カードの使用イメージ (4)カードの使い方 (5)ピースの作り方・使い方 

                (6)裏面貼り付け用紙

                                                                                                                                                                        おはなしチャレンジカード

                                                           (編集可能word) 

 

 

 

 

■九九がんばりカード (公立小学校教諭 吉本悠汰先生作)PDF

九九という「活動」を行い、「人」と「場所」の設定をステップアップしていくためのカードです。

このカードの「人」の設定を「親」や「兄弟」に変更したり、「場所」の設定を「放課後の教室」や「電話」に変更したり、「活動」を「音読(1行ずつ読む活動がお勧めです)」に変更して使用できます。今すでに話せている場面を起点に、新しい「人」か新しい「場所」を設定していくのがコツです。

                                                            

                                                            

                                                            九九がんばりカード 

                                                             ( 編集可能word)           

 

エクスポジャー法を行うときの「活動」で利用できるカード

 

■質問カード (公立小学校教諭 吉本悠汰先生作)PDF

先生や友達の前で、九九や音読など決まったセリフがある発話ができたり、小さな声で単語での会話ができる子どもが、もっと先生や友達との会話を増やしたい時に用います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「活動」として、教科書音読やしりとり、なぞなぞ、UNOやトランプを用いて、発話を促すのもよい方法です。

教科書音読は1人1文ずつ、順番に読みます。大人はたどたどしく読みます。

しりとりは絵がのっている あいうえお表をおいたり、大人にはハンデをつけるとよいでしょう。

なぞなぞ本、UNOやトランプを用いて、発話を促すのもよい方法です。

以下は紹介です。amazon等からご購入ください  

 

■「タコス アクションカードゲーム」

  一人ずつ「タコス」「ネコ」「ヤギ」…と言いながらカードをめくり、言ったものと同じイラストが出たら、即座にカードをタッチするゲームです。

​■「グランディング ふわふわのくま カードゲーム」

   くまの数を数えながら手札を出していきます。

 

■「 わたしはなあに?  カードゲーム」     学研ステイフル(Gakken Sta:Ful)    

   にカードを貼るのではく、相手に見せないように手でもつ方法で使用することをお勧めします。                                                 

■「えらんで きめて つたえるゲー すきなのどっち?」​ 筑波大学附属大塚特別支援学校 佐藤義竹教諭考案

   2つの選択肢から選びます。「〇と△、どっちが好きですか?」と質問して、相手が「〇です」と選びます。

        質問役を順番に行うのがお勧めです。選択肢に「わからない」「同じくらい」をいれてもOKです。

   簡単に言えるようになったら、さらに理由も言うことにすると難易度があがります。   

                           ​      

 

■「きいて・はなして はなして・きいて トーキングゲーム」tobiraco

  家庭でまず実施して答えられたカードを、新しい場面(人・場所)でチャレンジするとよいでしょう。

■「しつもんブック100」tupera tupera (著)​ 

       質問集としてお勧めです。英語の質問も掲載されています。日本語よりも英語の方が緊張が下がり発話しやすいこどももいます。

bottom of page